そもそもWeb制作ってなにするの?

Web制作は、新規のWebサイトを制作したり、既存のWebサイトのリニューアルやコンテンツの追加を行います。今はホームページ作成が個人でも簡単に出来るようになってきて、自分だけのホームページを作りたい!なんて声も増えてきていますよね。今回はそんなWeb制作をやってみたいけど、何から手をつけていいか分からないという初心者の方に向けて、抑えるべきスキル3つについて解説します!

必要なスキル① HTMLとCSS

ホームページは、HTML、CSSといったウェブページを開発するための技術によって作られています。現在インターネット上に公開されているウェブページのほとんどはこのHTML、CSSを使って作成されています。ウェブ制作ではよくCMSが使われますが、最低限HTMLやCSSを理解していないと、CMSを使ってホームページをイチから構築したり、コンテンツ編集を行うことは難しいです。ですので、HTML、CSSはWeb制作には必須のスキルになります!

必要なスキル② javaScriptのスキル

先ほど紹介したHTML、CSSを使えば普通のホームページは作れます。ただし、スライドショーであったり、クリックしたらポップアップが出るといった動きをつけることができません。それを実現するためにはjavaScriptのスキルが必要になります。

必要なスキル③ セキュリティ対策のスキル

インターネット空間は、情報を盗み取ろうとしている攻撃者が潜んでいる危険な場所でもあるので、自分のホームページが攻撃者の被害に遭ってしまう可能性も大いにあります。そういった被害を防ぐためにも、攻撃者がどういった手法を用いていてどう対策すべきなのか、といったセキュリティ対策のスキルもWeb制作では重要なスキルになります。

Web制作のスキルについてのまとめ

コーディングとはウェブサイトを作成するプログラミング作業の一部分にあたり、プログラミング言語を使ってソースコードを作成することを指します。